ひきこもりwebデザイナーのフリーランス起業ノウハウ

年賀状やフォトブックなどネット印刷のブログ(いけだクオリティ)

ネットスクウェアで作った喪中ハガキが届きました

喪中はがき

ネットスクウェアで喪中はがきを注文しました

投稿日:2015年9月16日 更新日:

今年は祖母が亡くなったので、喪中ハガキを用意することになりました。

今回はネットスクウェアというネット印刷サービスを利用しました。

全部で50枚程ですが、家のプリンターで印刷するとインク代がかかるので、印刷を頼んだ方が安いです。

いけだ
うちあまりプリンター使わないからか、すぐ変な線が出るし...

喪中ハガキ50枚を家で印刷した場合との料金比較

家で印刷 ネットスクウェア
印刷料金(インク代) 5,000円 1,800円
ハガキ代 2,600円 2,600円
合計 7,600円 4,400円

※我が家のプリンターは6色印刷なので、6色インクセットの料金にしました。

いけだ
ネットスクウェアの方が3,200円も安いです!

家で印刷した場合のインク代は、50枚ならいけると思うのですが、多分、何色かインク切れになって、結局買うことになりそうです。

それから、家のプリンターだとインクがかすれたり印刷ミスが出たりする可能性が大なのでハガキの枚数は少し余分に買っておく必要がありますよね。

今回はそんな心配が要らないネット印刷にしてみました。

今回なんでネットスクウェアにしたのか

ネット印刷のサービスもたくさんあります。

その中でもネットスクウェアに決めたのは、単純に9/30まで印刷料金が60%OFFだったからです。

安いです。調べた中で1番安かったです。

それと、デザインが気に入ったというのも理由の1つです。

この3つで迷いました(クリックで拡大)

(画像はネットスクウェアさんからお借りしました)

祖母はとてもおしゃれな人だったので、喪中ハガキもおしゃれな物にしたかった。

というとっても個人的な思いもあります。(貰う人には関係ない話だけど...)

それと祖母はお花がとても好きだったので花の写真が入ったデザインにとても惹かれました。

ネットスクウェアの注文画面

ネットスクウェアは注文画面が分かりやすくて便利でした。

パソコンからもスマホからも簡単に注文できます。

後から父に頼まれてスマホで作って注文してみたけれど、使いやすかったです。

ネットスクウェアの注文方法

まずはたくさんあるデザインテンプレートの中から好きなデザインを選びます。

「デザインを変更する」ボタンで他のデザインもサクサク見ることができます。

ネットスクウェアの注文画面1

自分の住所や氏名を記入します。

故人が亡くなった月や続柄(祖父など)、享年(亡くなった年齢)などを入れることができます。

ネットスクウェアの注文画面2

あとは支払い方法を選んで完了です。

支払い方法はクレジットカードと代引きがあります。

いけだ
文章は自由に入れることができます。

私は定型文を利用して作りました。調べる手間がなくて便利でした。

ネットスクウェアで注文した喪中ハガキが届きました!

箱に綺麗に梱包されて届きました。

ネットスクウェアの喪中はがき

私はユリの花のデザインで50枚注文しました。

印刷の質も綺麗です。文字もくっきりと印刷されています。

興味のある方はネットスクウェアのサイトを見てくださいね。

ネットスクウェアの公式サイトはこちら

年賀状を注文した時の記事はこちら


仕上がりなどご覧ください。

ネットスクウェアで注文した年賀状が届きました(2018年戌年)
ネットスクウェアで注文した年賀状が届きました(2019年亥年)

続きを見る

-喪中はがき
-

Copyright© 年賀状やフォトブックなどネット印刷のブログ(いけだクオリティ) , 2019 All Rights Reserved.