webデザイナーのネット印刷活用術

年賀状やフォトブックなどネット印刷のブログ(いけだクオリティ)

年賀状

2019年の年賀状印刷を頼んだ感想を赤裸々に語っちゃうよ。値段や画質について。

投稿日:

このサイトでは毎年、年賀状を実際に頼んだりサンプルを取り寄せたりして、私のおすすめ年賀状印刷を紹介しています。

今年の年賀状6種類作ったよ!

我が家の年賀状

年賀状のサンプルたくさん取り寄せたよ!

取り寄せたサンプル

我が家の年賀状情報

2019年(亥年)の年賀状は、6種類注文しました。

内訳はこのようになっています。

  1. 中学生の長男用(イラスト年賀)
  2. 親戚用(写真年賀)
  3. 私の仕事用(イラスト年賀)
  4. 私の友達用(イラスト年賀)
  5. 私のママ友用(写真年賀)
  6. 夫用(写真年賀)

年末は毎年、年賀状要員として頑張ってます。

しばらく年賀状はやめていた夫が「今年からまた年賀状を出す」と言い出したので、慌てて用意しました。(だって早割が終わると高くなっちゃう)

そんな年賀状マニア(?)ないけだが、今年の年賀状についての感想をまとめました。

超個人的な感想ですが、よければお付き合いくださいね。

平成最後の年、年賀状も終活へ

ニュースなどでも取り上げられていますが、今年で年賀状を終わりにしようという人が多いそう。

平成最後ということで区切りも良いので、わずらわしい年賀状作業を終わりにしようという考えのようです。

LINEであけおめって送ればいいよね。という考えの人も多いみたい。

郵便局はLINEと提携して「相手の住所が分からなくても年賀状が送れるサービス」を展開しています。

また、年賀ハガキが62円とまた高くなったため、年賀状印刷にお金をかけたくないという意見も。

いけだ
ちょっと寂しい気もしますが、時代の流れでしょうね。

年賀状印刷の価格は全体的に高騰化

私、毎年各社の年賀状印刷の料金を表にまとめているんですが、今年は昨年より全体的に高いです。

年賀状印刷ランキング20社比較

ほんとにちょっとずつなんですけどね。

各社ちょっとずつ高くしたり宛名印刷を有料にしたりしている傾向にあります。

例えば宛名印刷の基本料金は無料で、1枚につき◯円、と印刷料金がかかるようになったりしています。

キャラクター年賀・コラボ年賀の数が激減

キャラクター年賀・コラボ年賀を扱う会社がとても減りました。

人気アニメや絵師とのコラボも今年は見かけませんでした。

予算の関係でしょうか。

イラスト年賀はどこも同じ画質

年賀ハガキに直接印刷するフチありのイラスト年賀は、どこも画質に変わりはなかったです。

どの年賀状印刷会社でも綺麗でした。

印刷機の機能も向上しているんでしょうね。

デザインも各社1,000種類以上は用意しているので、必ず気に入ったものがあるはず。

なので、イラスト年賀を選ぶ場合は単純に価格で選ぶと良いと思います。

年賀状印刷の価格ランキング

写真年賀は印刷方法が変わった

今年は印刷方法が変わったサイトが多かったです。

今まで写真印刷は富士フィルムのプリンターと紙を使ったフジカラープリントが多かったのですが、今年は新たに光沢紙という選択を増やした会社が見られました。

なので、写真年賀の場合は画質に注意した方がいいです。

写真仕上げと光沢仕上げの比較

アップにすると分かりますが、光沢仕上げだとドットが見えます。

クリックすると大きな画像で見られます

ドットが見えるのはレーザー印刷だからです。

レーザー印刷のインクのドットが見えているんですね。

ただ、レーザー印刷だとその分コストがかからないので、光沢紙は写真印刷より価格が安くなる点が大きなメリットです。

上の画像ではかなりドットが気になりますが、普通に手にとって見る分にはとてもきれいですし、なめらかな画質です。

写真仕上げの方が若干、写真が明るい気がしますね。

いけだ
私は光沢仕上げで十分かなと思いますよ〜。

各社の対応

ネットスクウェア

新たにプレミアム写真印刷(光沢仕上げ)という種類が増えました。

プリンターはノーリツ、紙は三菱製です。

ネットスクウェアで実際に注文した年賀状はこちら

挨拶状ドットコム

昨年まで「フォトリッチ」という写真仕上げがありましたが、今年は「プレミアム仕上げ」に変更されました。

正直、画質が落ちるかなぁと心配していたのですが、色の沈みもなく綺麗でほっとしました。

挨拶状ドットコムで実際に注文した年賀状はこちら

年賀家族

年賀家族は今年かなり種類が変わりました。

今までは「銀塩」「ノスタルジック」「モダンマット」だったのが、「フォトプリント」「ナチュラル」「パールリッチ」に変わりました。

こちらは名前が銀塩からフォトプリントに変わっただけで、画質は変わりませんでした。

年賀家族で実際に注文した年賀状はこちら

おたより本舗

おたより本舗も「光沢仕上げ」が入ってきました。

レーザープリンターでのプリントです。

上で紹介している年賀状はおたより本舗のものです。

おたより本舗で実際に注文した年賀状はこちら

いけだ
印刷の質は会社によって結構違いがありました。
同じ写真でも暗かったり荒かったり・・・
上の4社はどれも綺麗だったので紹介しました♪

今年度1番画質が良かった年賀状印刷

たくさんの年賀状印刷を見た中で、私が画質が良いと思った年賀状はこちら!

写真仕上げ印刷なら年賀家族

年賀家族の年賀状は他より高いけど個人的にかなりおすすめできるクオリティ

光沢仕上げなら挨拶状ドットコム

挨拶状ドットコムのプレミアム年賀

2019年の年賀状印刷を頼んだ感想まとめ

全体的に高くなっていること、光沢仕上げが増えたことが大きなポイントですね。

光沢仕上げは写真が暗くなりがちなので、明るい写真を使うことと、画質の良い会社を選ぶのが大事です。

季節のおたよりはもらって嬉しいものです。

年始のご挨拶として年賀状を楽しく作りましょう♪

-年賀状

Copyright© 年賀状やフォトブックなどネット印刷のブログ(いけだクオリティ) , 2018 All Rights Reserved.