webデザイナーのネット印刷活用術

年賀状やフォトブックなどネット印刷のブログ(いけだクオリティ)

フォトブック

フォトバックでフォトブックを作り続けて12年目。古い物は劣化してない?

更新日:

フォトバックでフォトブック(写真集)を作り始めてからもう12年目になりました!

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

(上の写真の右下が空いてるのは、実はまだ昨年(2017年)のアルバムができていないからです。。。)

私が初めてフォトブックを作ったのは12年前の2006年でした。

それまでは撮った写真は写真屋さんか家のプリンターで印刷してアルバムに入れて保存していました。

フォトバック(Photoback)の公式サイトはこちら

これが12年前に初めて作ったフォトブックです

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

これはPhotoback(フォトバック)というフォトブックサービスで作りました。

「写真が本のようになる」という触れ込みで、写真やアルバム作りが好きな私は飛びつきました。

この時はまだCDサイズの12cm×12cmのものしかなくて、写真もそれほど入れられなかったけれど、出来上がったら写真集のようでとても嬉しかったことをよく覚えています。

(2008年からは文庫本サイズのフォトブックが出たのでそちらに切り替えました)

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

フォトブックは写真だけではなくて文章も入れられるのが楽しいですよね。

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

こんな見開きでどーんと写真がワイドに入れられるのも感動ものでした。

写真アルバムだとこういうことってできないですもんね。

見た目がおしゃれで気に入って、それからは毎年フォトブックを作り続けていました。

実家の両親に毎年送るのも恒例になっています。

フォトブックを作る前までのアルバム

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

フォトブックを導入するまではこういうアルバムに保存していました。

これはこれで可愛くて好きなんですが、なんともかさばる・・・場所を取る・・

狭い我が家の本棚をアルバムが圧迫してました。

でもでも子どもが生まれて、デジカメも普及して、写真はどんどんどんどんたまる一方ですよね。

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

それと、この2004年あたりはプリンター全盛期の時代で、私も年賀状や写真を自宅のプリンターで印刷していました。

それを10年以上もたった今、見てみると、劣化してる・・・!

インクがにじんでいたり、色がおかしくなっているものもあります。

これかなりショックでした。

あんなにパソコンで色補正してプリンターの紙詰まりにヒヤヒヤしながらもせっせと印刷して作ったアルバムがぁぁぁ。。。

フォトブックの写真は劣化してないの?

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

今回フォトブックの写真印刷が劣化していないか気になって見直しました。

これでフォトブックまでも劣化してたら立ち直れない。。。

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

色合いなどが分りやすい七五三の写真で検証です。

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

細部までじっくり見ましたが、全然変わってない!(喜)

他のブックも散々見ましたが、どれも綺麗なままでした。

おうちプリンターから切り替えて良かったーーー!

オンラインでデータ保存されているので安心

フォトブックはオンラインでデータ保存されているので、過去に作ったフォトブックを再注文することができます。

これならもし失くしてしまってもまた作れるので安心です。(またあの編集作業をやれと言われたら無理...)

それから子どもが大きくなって独立する時なんかに印刷して渡してあげることもできますよね。

(フォトバックは保存期限なし、しまうまはデータ保存期間が1年です)

我が家のフォトブックはフォトバックか、しまうまプリント

フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

フォトブックの集合写真を見て「あれ、種類違う?」と気づいた人もいると思います。

実は9冊目の2014年からはしまうまプリントでフォトブックを作成しています。

しまうまプリントで作るとものすごく安いからです。

1冊198円から作れるんですよ。安すぎですよね。

安さでいったら今のところしまうまプリントが1番です。

フォトバックとしまうまプリントの比較

条件を同じにしたいので、私が作っている「文庫本サイズ/36ページ」で比較してみますね。

Photoback(フォトバック) しまうまプリント
サイズ 文庫本 文庫本
ページ数 36ページ 36ページ
価格(税抜) 2,581円 198円
配送方法と送料 クロネコDM便172円 メール便(ゆうメール)90円
注文方法 パソコンからオンライン注文 パソコンからはオンライン注文
スマホからはアプリ使用
データの保存期間 期限なし 注文日から1年間
仕上がり おしゃれ そこそこ

※注文方法について・・・フォトバック(Photoback)の場合はサイズによってスマホから直接注文できるもの、スマホアプリのあるものがあります。

値段からいったら圧倒的に安いのは「しまうま」ですね。

ただ、仕上がりからいったら「フォトバック(Photoback)」の方が質が良いです。

上2段がフォトバック。1番下の段がしまうまフォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

左3冊がフォトバック。右の3冊がしまうまフォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

本棚に並べてみると、フォトバック(Photoback)の方が綺麗です。

しまうまプリントの方はページ数が増えるとタイトルも大きくなってしまうという・・・。

あとカバーの包み方がしまうまは角があるので、そこがスレてちょっとハゲやすいです。

個人的にはフォトバック(Photoback)の方が製本も上品で好きです。

写真の画質については、しまうまの方が少し荒いです。

でも、夫に聞いたら「別にどっちも綺麗だと思うけど?というか気にならない」というコメントをもらいました。(ちょっと納得いかない私)

フォトバック(Photoback)としまうまプリント私の結論

フォトブックを簡単に作りたい私のおすすめフォトブックサービス。

安さで決めるならしまうまプリント

おしゃれさを求めるならPhotoback(フォトバック)

です!

作成画面の使いやすさはどちらも同じで簡単です。

パソコンでもスマホでも簡単にできます。

フォトバック
フォトブックを作り続けて12年目。古いのは劣化してない?

しまうま
赤ちゃんのエコー写真の保存方法はフォトアルバムがおすすめ。そのままにしておくとどんどん薄くなってしまうエコー写真、綺麗に残したいですよね。

他にもフォトブックのサービスは色々とあるので、また良いサービスが見つかったら報告します。

いけだ
個人的にはフォトバック(Photoback)がおすすめです。

印刷や紙質の良さは断然フォトバックの方が良いです。

それからテンプレートもしまうまより多いのでたくさんの写真を入れることができます。

Photoback(フォトバック)ではグラムプリントという年賀状のサービスもあるので、そちらもおすすめです。

グラムプリントで年賀状を作ったレビューはこちら

フォトブックは劣化するか?まとめ

すっかり話がフォトバック(Photoback)としまうまになってしまいましたが、もともとはフォトブックは劣化するか?という話でした。

結果は、12年たっても劣化していませんでした!(嬉しい!)

これからもフォトブック作り続けます ^ ^

-フォトブック

Copyright© 年賀状やフォトブックなどネット印刷のブログ(いけだクオリティ) , 2018 All Rights Reserved.