いけだクオリティ☆ひきこもりデザイナーが発信するネット印刷の活用術

ひきこもりデザイナーが発信するネット印刷の活用術。

プロフィール2【美大時代】

美大時代

まず、私は美大受験4コマというコーナーにもある通り、
美大を卒業しています。

これはもうただ単に「楽したかったから」につきます。
美大を推薦で受験すれば「実技」と「面接」のみで
勉強する必要がない!という
とっても浅はかな考えでした。

一応、受験勉強というか受験デッサンもしたのですが、
細かいことは4コマで描いていくとして・・・

無事に美大に入学したわけです。

ともかく美大は楽しかった!
面白い仲間に囲まれて、色々とバカなこともやって。

授業では「何でこんなことやらなきゃいけないの?」なんてこともあったけれど、
今になって役立ったりしています。

デザインの基礎・文字組・印刷・カメラ・プレゼン。

私は出来のいい生徒ではありませんでした。
特にプレゼンでは人前で話をするのが苦手で、
途中で声が震えてしまうこともありました。

好きだった授業はMacを使った授業ですね。(授業名、忘れました)
その頃ちょうどデザイン業界にMacが導入され始めた時期で、
デザイン科の学生は全員Macを購入しなければならず・・・
当時は「高いな〜」と思いながらも初めてMacを使い始めました。

そして慣れないながらもPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)で作品を作っていました。
今や大事な相棒のPhotoshop、Illustratorさまさまですけどね。
ソフトについてはこちらで語っています

インターネットにはまったのもこの時期です。
何もかもが面白かった。
夜中でも誰かが画面の向こう側にいて、会話ができる。
私の知らない人に向けて色々な発信ができる。それだけで楽しかったんです。

私が通っていた大学では、基本、生徒は野放しでした。
自主性を重んじる・・・というか、こちらがやらなければ何も
応えてはくれないシステムでした。

ある日、私は教授に呼び止められ
「池田、お前このままだと単位が足りなくて留年になるけどいいの?」と聞かれてびっくり。

学生課で確認すると取っていたはずの単位が1つ足りませんでした。
あわてて申請し、事なきを得ましたが、もし教授が声をかけてくれなかったら
・・・留年してましたね・・単位1つ不足で。

私はもともと体が弱かったこともあり、出来る限り少ない授業数で大学に通っていたので、
単位もギリギリだったんです。

そんな感じで、常に「自分のことは自分の責任で」という体制だったこの大学が
私はとてもすきでした。
何でも自由にさせてくれるけれど、その分、責任は全部自分にあるよ。
ということを学んだように思います。

私は誰かに指図されて動くより、自分で自由に動く方が好きなようです。

続き【美大を卒業してから】

人気の記事TOP3

挨拶状ドットコムのクーポンコード 1
挨拶状ドットコムのクーポン540円分を全員にプレゼント!2017年酉年

「年賀状印刷を安く仕上げたい」 「スマホで簡単に作れないかな〜」 という人におす ...

挨拶状ドットコムで作った年賀状が届いたデザイン 2
挨拶状ドットコムで作った年賀状が届きました【2017年酉年】

今年も挨拶状ドットコムで年賀状を作りました! 挨拶状ドットコムでカンタン年賀状の ...

グラムプリントで年賀状を作ってみました 3
GLAM PRINT(グラムプリント)で年賀状を作ってみました

写真ハガキ「moca」やフォトブック「photo back」でおなじみの会社、コ ...

公開日: